Pocket

やりたいことはたくさんあるはず

あなたは、やりたいことを即座に100個書けますか?

すらすら100個以上書ける人もいれば、30個くらいで止まってしまう人もいます。

この記事は、なかなかやりたいことが書けない、思い浮かばない人に向けての記事になります。

やりたいことをたくさん書く方法は、

やりたいことは通常、無意識の領域にあるので何かしらのヒントがあるといくらでも出てくる

となります。

 

やりたいことが多く書けない人は、やりたいことがないのではなく、普段意識や言語化をしていないのでなかなか表に出てこないだけです。

やりたいことを表に出して、普段から意識しているほうが、行動の計画も立てやすくなるはずです。

以下、やりたいことをたくさん書くための方法を解説していきます。

 

「やりたいこと」とは「今できていないこと」

やりたいと思う、ということは

  • 現状出来ていない
  • やったけど失敗した
  • やっても無理だと思うので最初からやっていない

のどれかになります。

特に出来ないと思っていることは、「そのうちやりたい」と意識することもなく無意識の領域におかれてしまっています。「もしかしたらできるかも?」とすら思わないため、なかなか意識することはありません。

 

なので、やりたいことは「ない」のではなく「思い浮かびにくい」のです。例えて言えば、タンスの中にものは入ってるのに扉が開かない、だけです。扉を開けさえすればたくさんやりたいことが入っているはずなのです。

 

もし、自分に「不可能」がなければ

できない、という思い込みを払うために

「自分は何でもできる」

「自分は万能である」

「自分に不可能なことはない」

という設定をしましょう。

 

この設定があるだけで、自分の中にある「できないけれどやりたいこと」がいくつも思い浮かぶはずです。コツとしてはそれこそ現実離れしたことを考えるといいでしょう。

 

例:

  1. 芸能人になりたい
  2. 直木賞をとりたい
  3. 総理大臣になりたい

 

実際になっている人がいるので可能性は0%ではありません。

自分に不可能はない設定にしてますから、その気になればそのうちなれることになっています。

 

さらに、せっかくなのでちょっとSFっぽいことも考えてみましょう。

 

例:

・時間がもどせればやりたいこと

→ もう一度試験を受けたい

→ あの人と結婚するのをやめておきたい

→ 内定をもらっても入社しなかった会社に行ってみたい

 

・自分の性別が逆だったら

・あと15歳若ければ

 

などです。

 

これだけだと、それこそ夢物語のようです。しかし、これらの項目を思い浮かんだということは自分の無意識の領域にあったはずです。人間は全く考えたことがないことは、思い浮かばない、行動できないようになっています。

 

次に、この思い浮かんだことを少し加工してみましょう。

 

やりたいことは「表現」しなければならない

加工の仕方は何通りもあります。

ここでは、2種類の方法を紹介します。

 

「なんのために」をつけてみる

なんのために芸能人になりたいのか?

  • お金がほしい
  • 有名になりたい
  • 女性芸能人と結婚したい

この時点ですでに、やりたいことはいくつかでてきました。もっと深く考えれば、さらに多くのやりたいことがでてきます。

 

芸能人になりたい

→ お金がほしい

  • 車が欲しい
  • 家が欲しい
  • 服がほしい

具体的なもののジャンルがでてくればあとはそのジャンルに属するものをいくつも書いていけばいいです。

 

車がほしい

  • 日本車
  • 外車
  • スポーツカー
  • SUV

など。

 

これくらいなら一気に書けるはずです。というのも自分の無意識の領域にやりたいことがあるからです。

「自分に不可能はない設定」

は、無意識の領域から表に出すきっかけを与えているにすぎません。

 

イメトレ風に広げる

 

例;

芸能人になりたい

 

まず、おおよその単語(句、文節)に分解します。

  • 芸能人
  • なりたい

 

分解した単語に関連する単語を書きます。

芸能人

  • 歌手
  • 俳優
  • 芸人

さらに広げてみます

歌手

  • 歌う人
  • 演奏する人
  • 作詞作曲する人

演奏する人

  • 楽器
  • ギター
  • ベース
  • ピアノ
  • ドラム

(以下、続く)

 

このくらい拡げただけでも、この中にやりたいことがあるはず。

楽器

  • ギター
  • ギター買いたい
  • ギター弾きたい
  • ギター習いたい
  • バンド組みたい

こんな感じでやりたいことが出てくるはずです。

 

まとめ

この方法でやると1時間もあれば、やりたいことは100個以上でるはずです。

(こんな事書いていいの?)

(なんかくだらない)

(冷静に考えれば、やりたいことじゃないかも)

書いているといろんなことを思うでしょう。しかし、そう思ってもとりあえず書いてください。

(思ったことは横にでも書いておきましょう。これも「やりたいこと」のヒントになります。)

そのやりたいこと自体はくだらないと思っても、そのくだらないことを書いたからこそ、次につながることを考えられた、となる可能性は大いにあります。

まず量を書いて、それが本当に必要なければ、消すなり他に保存すればいいのです。

(アイデア、考えを引き出すには不必要なものはないと考えます)

 

このやりたいことリストの項目を出すには、結局のところ「慣れ」です。練習すれば徐々にすんなり「やりたいこと」が思い浮かぶようになります。

ぜひ、チャレンジしてみてください

 

 

 

Pocket