Pocket

自分の心が傷つきそうになったときには・・・

 

 

今回は 「防衛機制」 その2、です。

 

おさらいしますと 「防衛機制」とは

不安、葛藤、フラストレーションなど、

自分の心が傷つきそうになったときに

その不安などを、解消、軽減して

心の安定を図ろうと、

自動的に(無意識に)働く 心の動きのことです。

 

まず、スタートは 「1.抑圧」 です

 

不安、葛藤、フラストレーションなど、

自分の心が傷つきそうになったときに、

そのことを忘れようと

無意識の下に置こうとする心の動きです。

 

ただ、この感情は

消えてなくなったわけではないので

何かのときに、

意識、思考、行動に出ようとします。

 

この出ようとしたとき、 ごまかすために

以下の「防衛機制」が 働くことになります。

 

2 同一化

自分の尊敬する人や理想とする人の

振舞いや特徴を真似て

欲求を満たそうとすること

 

カッコイイと思う人のマネをすることで、

自分はカッコ悪いのではないかという

不安を取り除いたり、

自身の劣等感やコンプレックスを

抑圧しようとします。

 

ただし、

スポーツや学問、技術的なことは

上手な人の真似をして成長していくので、

いい部分もあります。

 

3 投射(投影)

自分の中にある

受け入れたくない不都合な感情や衝動を、

他人のものだと思い込むこと。

 

人間は他人にはなれないので、

相手の感情を

自分の感情を基準にして理解しようとします。

 

他人に感じる一方的な嫌悪感は、

自分の一部分に対する嫌悪であることが

ほとんどです。

 

4 退行

以前の発達段階に戻ることにより、

愛情や注目を求めたり、

欲求を満たそうとすること

 

5 反動形成

無意識の中に抑圧されている強い感情や衝動が、

正反対の傾向となって行動などにあらわれること。

 

強い憎しみを抱く相手に対して、

好意的に愛想よく振る舞ったりする。

 

子供のころいた、

好きな女の子をいじめる男の子

というのが、わかりやすいでしょう。

 

大人になってからは、

「親を憎んでいるのに、親孝行する」

「子が嫌いなのに、溺愛する」

という例もあります。

 

これは、

本心とは 反対の行動を取り続けるので、

精神に追い詰められたり、

反動で感情が爆発したりする

可能性もあります。

 

 

6 置換(置き換え)

欲求を本来のものとは

別の対象に置き換えることで

充足すること。

 

『八つ当たり』 が、

わかりやすいと思います。

 

また、

嫁と姑の関係がうまくいかない

原因の1つとして、

この「置き換え」が考えられます。

 

嫁は自分の母親に対する抑圧を 姑に感じ、

姑は自分の子供に対する抑圧を 嫁に感じるため、

です。

 

7 攻撃

欲求不満の原因となるものを

傷付けることによって

それを解消しようとするもの

 

家庭内暴力や組織における パワハラ

のような犯罪として 現れることもあります。

 

また、

自傷といった自分自身への攻撃に

向かうこともあります。

 

8 昇華

性欲や破壊の衝動といった「暗い欲求」を、

スポーツや芸術など、

社会的に価値の高いことに向かう

エネルギーに変換すること。

 

「暗い欲求」が

「うまく変換できたとき」 の場合が、昇華です。

 

うまくいけばいいのですが、

挫折した場合、 病的な状況になったり、

他の防衛機制が見られるようになります。

 

9 分離

強い感情を伴った観念から 感情を引き離すこと。

 

何度も施錠などの

確認行為を繰り返したりするのは、

強迫的な行為をすることにより

受け入れがたい感情から切り離すため、

といわれています。

 

この分離が強く出る人は、

知的合理的に物事を運ぶことが得意な反面、

自然で人間らしい感情表現が乏しく、

冷淡、残酷だと言われる傾向があります。

 

10 逃避

困難な現実から逃れようとすること

 

試験の前日に部屋の掃除に時間を費やす。

試験という苦痛を伴う現実を忘れたいために、

掃除という別の現実へ没頭することで

試験のことを忘れようとする逃避行動。

 

学校に行きたくないから熱を出す。

実際に熱を出したり下痢を起こしたりする、

また原因の分からない病気など。

 

仕事依存

仕事が忙しくて休む暇がないという人には、

夫婦や家庭に解決しなければならない

問題を抱えていることが多い。

 

無意識的に自ら忙しく働くことで

向き合うべき問題から逃避する行動。

などです。

 

以下は、次回以降で

11 合理化 12 補償 13 摂取 14 転移 15 知性化

 

 

 

前にも書きましたが、

「防衛機制」 は、

人間の心が反射的に

自分を守ろうと していることなので

 

この反応が出るのは、

人間としては、 ある意味当然の事。

 

ただ、 「防衛機制」 は、

あくまでも一時的な回避なので、

この原因となることを解決しないと

この反応が一時的では なくなる可能性もあります。

 

自分または相手が

「防衛機制」 の、反応が見られるようでしたら、

原因を見つけるのは 簡単ではないですが、

「もしかしたら・・・」

という考え方をしてみれば いいと思います。

 

 

 

 

今回も 最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。

 

Pocket