Pocket

自分の考え方の癖を知ってみよう

 

 

今回は 「認知フィルター」 です。

 

1.スプリッティング(全か無かの思考)

2.~すべき思考

3.行き過ぎた一般化

4.心のフィルター

5.マイナス化思考

6.結論の飛躍

7.拡大解釈、過小解釈

8.感情の理由づけ

9.レッテル貼り

10.個人化

(wikipediaより)

 

例としては、

コップに水が半分入ってます。

1.「まだ半分ある」 2.「もう半分しかない」

どちらだと思いますか?

みたいなことです。

 

これで 考え方の癖を知ることができます。

 

これを考えたのは

デビッド・D・バーンズという人です。

彼は

「歪んだ考え方が

マイナスの気分を生み出す」 と述べていてます。

 

 

 

1.スプリッティング(全か無かの思考)

オールオアナッシングです。

白か黒か。

善か悪か。

 

テストであれば

「99点も0点もいっしょ」

(99点でも失敗)

みたいな考え方です。

 

いろいろ調べましたが、

「1点取れれば0点じゃないからOK」

(0点じゃないから成功)

という、

極端なプラス思考ということには

ならないようで、

 

他人を評価するときに、

褒めちぎっていたかと思えば

ささいな失敗をしたときに

今度は全否定して、

罵倒や、殺意を覚えるところまで

行く人もいます。

 

あまりに極端すぎると

境界性パーソナリティ障害や

自己愛性パーソナリティ障害

の可能性があります。

 

2.~すべき思考

『すべき思考』とは、

『するべきだ』 『するべきでない』

『しなければならない』 『してはならない』

正解は1つ、 それ以外は不正解

という決めつけていること です。

 

行き過ぎると 「完壁主義」 と、なります。

 

自分に厳しく、

また他人にも厳しくなりがちで、

 

自分がなにか大きくミスをしたときに

心のなかでその対処がうまくいかずに

その反動で、

いままでできていたことが

まったくできなくなってしまう人もいます。

 

 

3.行き過ぎた一般化

一般化というのは

ステレオタイプ化のことです。

『行き過ぎた~』というのは

少数の事実、意見を

全体の事実、意見

だと思い込むことです。

 

「最近の若い者は・・・」

「美人は性格が悪い・・・」

 

子供のときの経験が

『行き過ぎた一般化』

になるうることもあります。

 

自分の思うとおりに やったら怒られた。

⇒ 自分の思うとおりに やってはいけないんだ

 

と、 本人にとっては真実のことなので

自分の中でルール化 (一般化) されます。

 

これで 大人になっても

自信のないようになる

という可能性があります。

 

4.心のフィルター

5.マイナス化思考

これはどちらも マイナス思考ですが

良いこと、ポジティブなことに

対する捕らえ方が少し違います。

 

「心のフィルター」

は、良いこと、ポジティブなことを

遮断してしまって

意識できなくなる、見えなくなる、

そして、悪いことばかり思い出す、

という状態です。

 

極端に言えば、

いいことがたくさんあっても

1つの悪いことにこだわって

そのことばかり考えてしまいます。

 

「マイナス化思考」

は、良いこと、ポジティブなことを

良いと考えられなくなったり、

良いことを悪く置き換える

という状態です。

 

仕事がうまくいった

⇒ 過去の失敗の埋め合わせなだけ

 

何かいいことをした

⇒ 私はホントは偽善者だ

 

こんな考え方です。

 

「心のフィルター」 より

「マイナス化思考」 のほうが、

より状態が悪いとされています。

 

 

 

6.結論の飛躍

順を追って考えられた 結論のようにみえても、

どこかで合理的な思考を飛び越えた

答えが導き出されます。

 

そして導き出された答えは

基本的にネガティブです。

 

論理が飛躍する過程については

2種類あります。

 

 

6.1.心の読み過ぎ・読心術

相手のちょっとした言動だけで

実際に本人には確認せず、

相手がどう思っているかを

決めつけてしまうことです。

 

挨拶したら、挨拶が返ってこなかった

 

⇒ 私が何か悪いことをしたかも

⇒ 自分のことはホントは嫌いなんだ

 

こんな発想の仕方です。

 

挨拶が返ってこなかったのは 事実だとしても

 

⇒ 聞こえなかった

⇒ ほかのことを考えていた

⇒ 別のことで機嫌が悪かった

 

など

 

本人にまったく関係ない理由を

考えられなくなります。

 

 

6.2.先読みの誤り・間違った予言

誰にもわかるはずのない未来を

決めつけてしまうことです。

 

どんな非現実的であっても、

必ずそれが起こると信じてしまいます。

 

『わたしは一生不幸だ』

『わたしは永遠に孤独だ』

 

というような思考です。

 

 

7.拡大解釈、過小解釈

7.1.拡大解釈

自分については短所や失敗を、

他人については長所や成功を

過大評価します。

 

7.2.過小評価

自分については長所や成功を、

他人については短所や失敗を

過小評価します。

 

逆のパターンは

たまにあるようですが

「オレってすげー」

という発想が強すぎる人は

それはそれで別の問題がありそうですが・・・

 

では、

どうしてこういう発想になるかといえば

「二重基準」

とよばれる考え方にあるようです。

 

相手はyes、自分はno という

対象によって基準が違うのです。

 

相手はok,自分もok とは

ならないんですね

 

 

 

 

8.感情の理由づけ

感情が先で、理由が後になることです。

 

感情のほうが正しい

⇒ 正しくなるように理由をつける

 

といった感じです。

 

例:

「不安を感じている。

⇒ だから失敗するに違いない。」

 

「自分で生きている価値がないと感じる。

⇒ だから本当に生きている価値のない人間だ」

 

「これをやりとげる自信がない。

⇒ だからきっとやりとげられないにちがいない」

 

例では、

その感情は正しいの?

根拠は何?

と、思いますが、

それを後付けで判断してしまいます。

 

冷静に考えれば 因果関係に無理があります。

 

さらに

例では自分に向かってますが

他人に向かうと

ちょっとやっかいなことになります

 

「あの人の言動は私を不愉快にさせる。

⇒ だから、あの人は全く価値のない人間だ」

 

なんとなく、危険な感じがします。

 

 

 

9.レッテル貼り

レッテルを貼ること自体は

誰でもありそうですが

問題になるのが

 

そのレッテルが

マイナスのイメージであることと

そのイメージが固定化されて

修正できなくなることです

 

レッテル貼りは

自分に向かうと 自虐、自己卑下

他人に向かうと 人格攻撃

になります。

 

 

10.個人化

簡単にいうと

何でもかんでも自分のせいに

してしまうことです

 

まったく自分に責任が無かったり、

自分だけの責任では無いことにおいて、

すべて自分が悪いと

必要以上に自分を責めたりします。

 

 

認知のゆがみ

認知フィルターは以上ですが、

物事を素直にとらえず

自分のフィルターをとおして

事実を解釈するので

事実がゆがんで受け止められます

 

これを 「認知のゆがみ」 といいます。

 

そして 人間の悩みのほとんどが

この 「ゆがみ」 から来ているそうです。

 

読み返してみると

よくわかると思いますが

思考が基本的に後ろ向きです。

 

こういう発想になりがちな人は、

そういう風に考える 「癖」 が、

あるからです。

 

では、

そういう発想を なるべくしなくなるような

対策を 考えてみます。

 

一番は 『「事実」と「感情」をわける』 ことでしょう。

 

とりあえず 事実は事実として

そのまま受け止めるようにしましょう

 

たとえば

 

「仕事を失敗した」

⇒ わたしのせいだ

 

となりそうですが

 

いったん

「仕事を失敗した」

という事実だけで、切ります。

 

根本的に

仕事で失敗したのかどうかも

本当なのか怪しい可能性もあるので

とにかく事実だけを積み重ねていきます。

 

納期に遅れた

規格が違った

数量が違った

欠員が出て負担が増えた

 

それぞれの原因に

なりそうなことを考えます

 

納期に遅れた

⇒ 機械がストップした

⇒ 材料の納品が遅れた

・・・・

 

 

そこまで考えてみて

自分の責任の範囲を 考えてみます。

 

担当ならば

直接頭を下げなければ

いけないところではありますが、

 

100%あなたのせい

となる場面はほとんどないとおもいます。

 

責任の回避や転嫁は

よくないと思いますが

「範囲」

というものがあるので

 

その「範囲」のなかで

できることを考えていけば

いいのではないかと思います。

 

人間、いいことが続かないと

ネガティブ思考になりがちですが、

なんでもかんでも背負い込むこと

自分のせいにしないことです。

 

 

 

全体的に言えるのは

事実の前にすでに感情があるイメージです。

 

起こった事実を

いったんそのまま受け止める

ということができれば いいのでしょうけど、

 

そうなっていない原因が あるのでしょう。

 

これはまた別の機会にでも。

 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございます

 

 

Pocket