Pocket

人が集まる以上、しょうがないこと?

コミュニティーや職場など、色んな人がいます。なので、どうしても性格の合う人合わない人、個人個人の好き嫌いというのは、人間である以上しょうがないことです。

 

しかし、コミュニティーや職場で必要とされる「建前」を遥かに通り越して、個人的な好き嫌いの感情を出してくる人もいます。

とりあえずは、自分の方に嫌われるようなことが「ある・ない」にかかわらず、相手から自分が嫌われているかどうかを把握しておくことから始めます。

 

そのためのポイントです。

 

自分が嫌われている気がするとき

 

場面ごとに「おや?」と思う瞬間を集めてみました。

思い当たることがあるときは、要注意です。

 

会話をしていたら・・・

グループの話に参加すると、周りがよそよそしくなる

コミュニティーや職場の休憩中などで会話中のグループの輪に加わったりしたときに、周りの人は決して口に出して言わないですが、

(あれ?自分はいたらまずいの?)

と感じることはありませんか?

 

  • 自分が入った途端に周りの反応がとても気まずい雰囲気になる
  • みんなで集まったとき、自分だけ知らない話をされる
  • 会話の態度や声のトーンが変わる
  • 私が来たら、いきなり話が終わる
  • 職場のちょっとした面白い会話や冗談の輪に一切入れてもらえない

 

たまたまなのか、毎回そうなるのか、ちょっと気になるところです。

 

話しかけてもそっけなく、話が広がらない時

  • 二人きりで話す機会をなるべく短くしようとしているような気がする
  • 一般的に期待できるような受け応えをしてもらえない
  • わざと一緒にいる時間が長くならないようにしている
  • 何か聞いても、短い答えしか返ってこない
  • ネガティブなボディーランゲージがある
  • 前回話したことをいつも忘れている

(自分に関心がないのかも?)

と思うしかないような反応ですね。

 

相手からプライベートの話をされない時

  • いつでも事務的に振る舞われてしまう
  • あなたにだけは悩み事の相談をしてくれない
  • 家族や趣味など、プライベートなことは一切尋ねない

 

敢えてプライベートな話をしないことによって、興味がないことを示してくる、という状態です。よく思い出してみても、相手の家族構成とかも知らなかったりするときがあります。

 

作り笑いをされている気がする時

  • 相手と話す機会があったとしても、あまり噛み合っていないと感じてしまう
  • 相手側の感情を隠すかのように、作り笑いをされてしまう
  • お互いが感情を出し合って話し合うというような雰囲気を作ってくれない
  • 会話の中で冷たい

 

こちらも「お悩み相談」などでよく聞かれる状況です。会話の内容もそうですが「相手の雰囲気」が明らかに「会話しようとしていない」と感じるしかないときがあります。

 

会話のまとめ

会話は直接相手に接している時間があるので、グループまたは相手の雰囲気を直接感じてしまいやすくなります。1回だけなら、自分の「気がする」で収まりそうですが、何回も同じような状況が続くと「気がする」だけでは済まなくなりそうなところです。

 

コミュニケーションを拒絶されている?

あなたのことを避ける

  • あなたが近くにいると笑わない
  • あなたとのアイコンタクトを避ける
  • あなたの存在に気付かないふりをする
  • 高校時代を思わせるような小さなグループを作って、あなたを仲間外れにする
  • あなたに対して、常に身構えている
  • あなたが頼みごとをしたときに何か理由をつけて断ることが多い

 

会話うんぬんというより、コンタクトそのものを拒否されているかも?と思わせる状況です。

 

あなたのことを誘わない

  • 同じコミュニティにいるのに、自分だけ誘われてない時
  • 誘われてもおかしくないというタイミングで、誘ってもらえない
  • 全員で参加するはずなのに、自分だけ誘いがかからなかった
  • 一緒にいる場面をできるだけ少なくしようとしている

 

会社絡みの飲み会とか、またプライベートの集まりにしても、どうも避けられていると感じるところです。

 

あなたと連絡を取ろうとしない

  • LINEなどのSNSの繋がりを拒否された時
  • 個人的なコミュニケーションを取りたくないようなリアクションをされる
  • なんだかんだの言い訳をして、連絡先を教えてくれない
  • プライベートでの付き合いを拒否された
  • 同じメンバーであなた抜きで別グループが作られている

連絡先の交換を拒否するような状況だと、これはさすがに「気がする」というレベルを超えています。

コミュニケーションのまとめ

通常、いくら個人的な感情があったとしても、職場やコミュニティーでの連絡の手段は必要になります。それを「いらない」とするのですから、ここまで来ると「嫌われてる、避けられてる」という可能性はかなり高くなります。

 

まとめ

自分の方に何も責任がない、嫌われてることは思い当たらない、という前提であればこれは明らかに相手のほうに問題があります。

とはいえ「思い当たるフシがなくても、どうも嫌われているらしい」という状況はつらいものです。これまでに上げたことに当てはまるかどうか、当てはまるとしたらたまたまなのか、確実に毎回そうなるのかは、よく観察して見極めるようにしましょう。

今回は以上です。

関連記事:

Pocket