Pocket

「気が利く」とは?

「気が利く」とはどんな意味でしょうか?辞書を確認します。

1 細かいところにまで注意が及ぶ。「若いのによく―・く」
2 しゃれている。粋である。「―・いたせりふ」

(引用:デジタル大辞林)

2の意味もたしかにそうなんですが、ほぼ1の意味のほうが印象が強いと思います。

 

では具体的にどういうことをすると「気が利く」となるのでしょうか?

  • 場、空気を読む
  • 先に動く
  • 嫌がることを率先してやる
  • 人に譲れる
  • 1つのことを頼んでも他のこともしてくれる

こんなところでしょうか?全体的に目配りしていること。ギブアンドテイクでも先にギブできる人。相手の立場になって考えられる。といったところでしょうか。

個人的には、一番「気が利く」という表現がぴったりなのが高級ホテルの従業員です。初めて「帝国ホテル」に宿泊したときは正直感動してしまいました。(ここまでやるんだ~)と思わせる「プロの仕事」を見せつけられました。個人的な感覚ではこの場合の「気が利く」は「(いい意味で)細かい」になります。

従業員からは自分のやろうとすることの一歩前のタイミングで声をかけられます。その宿泊したときは結婚式に参列していたので、披露宴が終わって着物やらスーツやらを宅配便で送ろうと、荷物を持って歩いていましたら、30mくらい離れたところにいた従業員が自分たちを見つけて、ダッシュで駆け寄り「お持ちします」と荷物を担いでさっそうと受付まで歩いていったのには正直(ひえ~)となってしまいました。(もちろんこれもいい意味で)

帝国ホテルには「さすが帝国ホテル推進活動」というのがありまして「『さすが帝国ホテル』と言われるようにしよう」という趣旨のもと、従業員にはそのための教育と行動基準の浸透をさせているそうです。たしかにお金を払っているのは自分の方ですが、宿泊中はなにかと恐縮しっぱなしでした。これは他のホテルでは味わったことのない感覚です。

(あまり言いたくはないのですが。某ホテルニューオーなんとかに宿泊したときは、ここまでの感覚にはなりませんでしたが・・・)

帝国ホテルの接客が、自分としては「気が利く」とはこういうことなんだ、という一つの基準となっているのです。

「気が利く」という評価は、いいことである

個人的な帝国ホテルの経験談はお金が絡んだことでした。宿泊料金を支払っているのでその分のサービスは受ける契約になっています。(売買契約、サービスを受ける契約とはそういうこと)ただ、その金額でなにをすべきなのか?というのは明確な決まりはなく、お金を支払った側がどう思うか?になります。宿泊料金は確かに安くはありませんが、個人的には「金額以上のことはしてもらった」と断言できます。(知り合いには是非宿泊することをオススメしている)

「気が利く」という表現は、いい意味であることが基本です。通常は、よく言うときに「気が利く」という言葉を使うはずです。これは先程の具体的行動を見てもわかります。

 

なので、「気が利く人」という言い方はいいことのはずです。

「気が利く」の類義語としては、

芸がこまかい ・ 心にくい ・ よく気がつく ・ 手厚い  ・ 心配りのできる ・ 細やかな ・ 配慮のできる ・ 女子力高い ・ 注意深い ・ 温かみのある ・ 思いやりのある ・ 丁寧な ・ 手厚い ・ 心遣いのきいた ・ 濃やかな ・ 篤い

などの言い方があります。

この例からも悪い意味を含んだような言葉はありません。

 

相手から「気が利く人」という評価をされているようであれば、そのまま受け入れるようにしましょう。

 

自分から「気が利く」アピールされると?

ただ、気をつけないといけないのは、褒め言葉などはあくまでも他人から言うことであって、自分から堂々と言うべきものではないのです。よく話題になるのが「居酒屋で唐揚げにレモンをかけるかどうか?問題」があります。イメージでは女子がちゃっちゃとレモンをかけてしまう印象です。

で、これもよく言われることですが、あまり良い評価をされません。なぜかと言えば、先程の「気が利く」の説明にあったように、何をしたか?以前に、相手がしょうとしたこと、してほしかったことだったのか?というところです。相手が唐揚げにレモンをかけようと思っていた、のなら「気が利く」でいいでしょう。しかし、レモンをかけたくない人もいるので、この場合は「レモンかけましょうか?」と聞くのがベストです。(ただし、そこまで考えるのはめんどくさい、という意見も理解はできます)

やはり、違いは目配りなのか?自己アピールなのか?となりそうです。相手に「押し付け?」と思われるとせっかくの「気が利く」も台無しになってしまうので、相手がやってほしいと思っているか?やろうとしている一歩前のタイミングなのか?というのをちょっとだけ考えるようにしましょう。

人から「気が利くやつよこせ」と言われたら?

さらに個人的な「気が利く」の違和感のお話です。ある職場で派遣社員を現場に配置する仕事をしていたときのことになります。ある新規の取引先に派遣することになり、営業の人からどんな人を派遣すればいいのか意見を聞くことにしました。会社的には中程度の標準的な料金の契約なので、普通レベルの人でいいはず、ということでした。そこで大ベテランでもなく新人でもなく中堅どころの人を派遣しました。

そしてその派遣初日の夕方にその取引先から連絡があった、と営業の人から言われました。「なんか『次は気が利く人をよこしてくれ』と言われたけど」自分としては(特に問題ないはずだけど?)と疑問もありましたが、次の日はその日に派遣した人より社内的にワンランク仕事のできる人を派遣しました。

すると、次の日もまたその取引先から電話がきて「もっと気が利く人よこせって怒ってるぞ」と営業から言われてしまいました。ただ、次に派遣した人の仕事の能力は営業の人も知っているので「クレーム来るのはちょっと考えにくいんだけどねえ」と首をかしげていました。自分には理由がなんとなく予想できていましたが・・・

そこでさらに次の日まだ社内的には新人レベルんのある女性を派遣しました。自分の予想では(これでクレームは来ないはず。ただ・・・)その日もその取引先からまた電話がありました。ただ、クレームではなく「今日来た人をずっとよこして欲しい」といのこと。なにかあっても困るので営業の人に自分の意見を伝えておきました。「これは、『気が利く人』ではなく単に若い女性をよこせということだ」と。営業の人もなんとなく何か思い当たるフシがあるようで、とりあえずはおかしなことになることもないだろうから、ひとまずその女性を派遣しておいてくれ、といわれましたが・・・

その2週間後動きがありました。その派遣していた女性から「今の派遣先を変えて欲しい」と言われました。事情を聞くと派遣に行き始めてから3日目くらいから、食事に誘われるよになったと。ずっと断ってきたけどだんだんしつこくなってきたので逃げたい、という相談でした。自分と営業の人もある程度の予想はついていたのです。その女性が言うには、今のところ誘われるだけで「実害がない」ということで、その次の日からは大ベテランの気の強い人を派遣しておきました。(その取引先からまた電話が来たらしいですが、もうなにも聞く気になりません)

冒頭に「気が利く」の解説で自分のしてほしいことの一歩先の動きをする、としましたが、この場合のように「自分のしてほしいこと」がちょっとやましいことでも相手にそのとおりにして欲しいときは「気が利く」とか言ってしまう人もいます。「気が利く」は単語、言葉の意味に悪気はありませんが、使う人間の方にはいい人ではなく悪い人もいる、ということになるので気をつけないといけないところです。

まとめ

褒め言葉や相手にいい評価をするときは、だれが言ったか?どの立場の人が言ったか?というのが大事になります。複数の人間から自然と「気が利く」という評価が湧き上がってくるのが正解です。言葉の意味と同時にその言葉が使われる適切な状況を憶えておきましょう。

Pocket