Pocket

 

うちの近所の某コンビニ

こんにちは。うちの近所にローソ○という名のコンビニができまして2日にいっぺんは買い物やらなにやらをしております。

 

休みの日はホットのカフェラテ、仕事帰りにはシュークリームなどです。ロー○ンで売ってるものが一番のお気に入りなので頻繁に通ってしまうのはしょうがないですよね・・・

 

それでですが、ここのロ○ソンに行くたびになんとなく感じてるのですが(店員が、なんかあまり来て欲しくなさそうじゃね?)というところ。

 

被害妄想といわれればそうでしょうしそう思うのなら行かなければいいのですが自分の場合どうにもそう感じてしまう店が多いような気がします。

 

東京:おしゃれな街の有名美容室

自分の経験を少々・・・

 

以前働いていたコンビニが東京某所にありましてそこにお客さんとして来てた美容師のみなさん(4~5人)と、多少世間話するくらいになったころでしょうか。

 

「よかったらうちに髪切りに来てくださいよ」

 

と、誘われるようになりました

 

深夜のバイトにいたビジュアル系のバンドを目指していた若い衆なんかはみんな男子としてはかなりの長髪なので「ぜひ、自分のカットモデルになってください」と、美容師の見習いの女の子にけっこう強めに勧誘されていました

 

実際に練習台になったやつの話だと「カットの仕方を教わりながらなので時間は、通常の倍くらいかかるが仕上げはベテランの人がやってくれるし無料だし、なかなかいいっすよ」とのことでした

 

自分の場合は練習台ではなく普通に髪を切りに行っていたのですが・・・

 

あるとき自分が「髪を短くしてください」と、お願いしました。

 

普段はどちらかといえば髪は長めにしてあったのですが何年かに一度急に気分を変えたくなるときがあります。ただ、切る前に「自分の髪は短くするとハリネズミとか丸いサボテンみたいになるので、そうならないくらいの長さで」と発注してみました。

 

「では、髪の毛の重さで自然と立たないくらいの長さにしますね」と、言われたのですが・・・

 

髪を切り始めてから(ちょっと切りすぎかも・・・)と、思いつつもお任せしていましたが、切り終わって、髪を洗いタオルで水分をふき取ってみたら・・・

 

見事なハリネズミが完成していました。

 

その瞬間、美容師のみなさんの笑いをこらえる姿を目にしてしまったのです。(そこを何とかするのが美容師なのでは?)と、思いつつも「まあ、こうなっちゃうんですよね・・・」「そうですねえ・・・」鏡越しにヒクつく感じを受けつつその日は終了しました。

 

この時点で「むむ・・・」と思っていましたが・・・

 

問題は次の日

 

自分のお店にその美容室のインターンの子がおつかいに来ました。

 

そして自分の姿を見るなり「その頭どこで切ったんですか?」「あんまり似合ってませんね」「うちに来てくださいよ」

 

(おめえの店だよ・・・)

 

たしか昨日はこの子の姿は美容室で見かけなかったので休みだったとは思いますが職業柄言ってはいけないセリフというのがあるよねえ・・・

 

その後、自分は働いている店を辞めたのでその美容室には行かなくなりました。カット、パーマで1万円近くするのにこんな言われようでは・・・芸能人も来るくらいの店だったのですがとにかく残念な思い出ですね

東京:回らないお寿司屋さん

こちらは某回らないお寿司屋さんのお話

 

店の名前は驚くような店名でしたが・・・

 

当時の自分はこがねをもっていたのと仕事が夜遅いので(早くても夜11時ころ終了)食べるのが唯一の楽しみという状態でしたので1週間のよるめしが

日:すし

月:焼肉

火:すし

水:焼肉

木:すし

金:焼肉

土:その他

みたいな状態でした

 

焼肉は、お誘いが重なって1日3件行ったことも1度ありました。

 

このとき行ってた回らないおすし屋さんは腹いっぱい食べても一人5千円くらいでしたのでよく通ってましたが、今思うとさすがに行き過ぎですねえ・・・

 

そこのおすし屋さんは当時住んでたマンションと最寄駅の間にあって近くに住んでた会社の同僚と「ほんとによく飽きないねえ」と、言われるくらい通ってました。

 

そしてある日、普通の平日だったと思いますが夜の11時ころに行きましたら他のお客さんは誰もいませんでした。

 

「へい、いらっしゃい」と言われたあとすぐに小声で「20人前食うやつ来たから忙しくなるぞ」と、言うのを聞いてしまいました。

 

自分は(帰ろうかな・・・)と、思いましたが相方もいることなので(聞きながそう・・・)と思い寿司を注文しましたが・・・

 

その日はいつもは、よくしゃべる相方もほぼ無口で(なんかあったっけなあ?)と、思っていましたが

「おれ、今日はもう腹いっぱいだわ」

 

(今日はずいぶん少ない・・・)

 

「帰ろうか」

 

と言い出して、いつもの5分の1しか食べずに1万円を置いて店を出て行きました

 

自分は支払いをすませて後を追いかけ店を出ました。すると相方が「聞こえただろう」「客商売であれはねーよな」考えていたことは一緒だったようです。

「給料もらう立場なのに売り上げがあがると困るみたいなこというやつはどうしてもいるよ」

 

「そうだよな」

 

一瞬の沈黙の後相方が「もう少し食いたいな」「新しい焼肉屋見つけたからそこに行こう」ということでその後は焼肉屋で気の済むまで食べたのでした。

 

その後その驚くような店名のお寿司屋さんは何年かして倒産したようです。

 

忙しいのはいやだと言っていたので本望なのではないでしょうか。2度と忙しくなりませんからね・・・

 

これははっきり言っておきますが2つのお店に対して何か過剰な要求をしたとか悪態をついたとかは一切ないです。

 

店員さんと仲良くしゃべることもあまりありませんでしたが客としてはごく普通だったはずです

常連として認めてもらうためには

どうも常連かどうかはお店側が決める(常連と呼ぶ)ようです。

 

「常連客は実はうざいと思う」

しらべえ

 

この記事に出てくるような客はこれはそう思われてもしょうがないです。自分でもそう思います。

 

ただ、先ほどの2つのお店で自分がこんな態度をした覚えはないです。

 

常連さんに甘えてました。。私が大事なお客さまを失客した理由

こちらの記事はサロン経営のお話です。

常連客に対する考え方の

標準的なところかと思います。

地元の某有名高校野球部の監督

では、最後に自分が店員として出会った自称「常連」の人で一番ひどかったのはこの人。某有名高校野球部の監督です。

サッカーだと全国優勝したりしてますが(卒業生がバルセロナ、レアルマドリード相手にゴールしております)

 

この野球部の監督はほんとにひどかった・・・

 

自分が働いていたのは夜9時から朝9時まででしたがなんかよくわからないけれど見かけるときは必ず酔っ払ってる・・・

 

その監督がレジの列に割り込んでくるので「並んでもらえますか」と言ったら「おめえ新人のくせにおれに並ばせるつもりなのか?」と、言われました。

 

めんどくさいので無視してたら別の店員になんか言ったらしく別の店員は優先してその監督をレジに通していました。

 

その後、別の店員から「あの人は優先してあげて」と言われたので「なんで?」と、言い返したら「そういうことになってる」とのこと「それならそうするけど、まともな客が逃げても知らないよ」と、突っぱねておきました

 

(それ以降自分はその店でかなり浮いた存在になりましたが・・・)

 

その監督から要求されたこと

「レジの袋を60枚よこせ」

 

「新聞立ち読みするのは自由だろ」

 

(普通雑誌までで新聞は聞いたことがない)

 

「新聞読んだから返品する。金返せ」

 

などなど

 

 

一言で言えば「いちいちせこい」のです。

 

まあ、その監督の間は甲子園には行けてなかったのでそのうちクビになったようですが・・・

 

店員としても客としてもお互いが気分よくすごしたいものですね

 

では

Pocket