Pocket

 

(動画でも見れます。文章を希望の方は画像を下にスクロールしてお読みください。)

 

自分らしさとは

自分らしさとは何のことでしょうか

実は、一般的な国語辞書に「自分らしさ」という言葉は載っていません

なので「自分」と「らしさ」にわけて解説します

自分は文字通り自分のこと、

「らしさ」は、らしいの語尾が 「さ」 になったもので、意味としては「そのものの特徴がよくでていることをあらわす」 となっております

ということで「自分らしさ」は「自分そのものの特徴がよく出ているもの、こと」 と解釈すればいいでしょう

「自分らしさってなんだ」と迷う理由

自分らしさってよくわからない、という人も多いです

その理由を考えます

自分らしさは一つしかないと思ってる

自分らしさとは1種類でしか表現してはいけない、と思い込んでるという状態です

例えば、怒りっぽい人であっても、どんなことにも、いつなんどきでも起こってるのであれば、自分らしさは怒りっぽい、ということでもいいでしょう

しかし、そういうひとはごくまれです

怒りっぽい人でも、赤ちゃんや動物を見れば、可愛いと思うでしょうし、また状況によっては、褒める事もあれば、励ましたりすることもあるはずです

つまり、怒りっぽいというのはその人のあくまでも一面であって、全てではないのです

人間は通常色んな感情を持ち合わせています

あくまでも「どの感情がつよくでるのか」ということです

他の感情を全く持ち合わせていない、ということではありません

色んな感情のうち、その人独自の感情の割合みたいなものがあるにすぎません

なので自分らしさは、「自分はこういう人」と言い切れないときは、自分は「やさしいが8割」「怒るが1割」「冷静なときが1割」というふうに思っておけばいいです

自分らしさとあなたらしさの違い

自分らしさは、自分が考えたもの

あなたらしさは他人が考えたもの

のことです

自分らしさってなんだっけ

となってしまう原因は、他人からみたあなたらしさ に対する違和感があるせいです

自分が 自分はこういう人、と思っていても他人の評価は正反対のこともあります

強く自分らしさを主張するのも、相手の考えを否定するような気がするので、相手のいうイメージの通りにしてしまう、という人もいます

それが行き過ぎると「自分の感情を否定するような考え方」になってしまう可能性もあります

自分は自分、他人は他人、と割り切るようにしましょう

あくまでも、自分が素直に思うことが自分らしさ、です

Pocket